「強いチームの作り方」トレーニング

〜自律的に動き結果を出し続けるチームを素早くつくる方法は学べます〜

トレーニングの概要

現在のほとんどの仕事は、一人で行われるのではなく、多数の人間が関わる活動です。決まった答えのない、企画、設計などの作業は、いろいろな人を集めたチームによりプロジェクトとして実施されます。

プロジェクトは、日々新しい問題に直面します。予定通りに進まない、アイデアが出てこない、問題が隠されたままになっている、外部からの想定外の割り込みなど。うまくチームが形成されていれば、そのような問題に日々対応しつつ、大きなすばらしい成果をあげることができます。

いっぽう、うまくチームが出来ていないと、いろいろな問題が積み重なり、プロジェクトの状況が悪化してき、活気を失っていきます。ここで、あわててモチベーション向上策や、チームビルディング活動を実施したとしても、うまく活動できるようになることは少ないようです。

チームをうまく形成することがプロジェクトの成否に影響することが理解されている一方、どのようにチームの形成を助けることができるかという課題については、企業内の教育などで学習することは少なく、「飲み会によるチームビルディング」といった効果の分からない場当たり式なやり方で行われていることが、残念ながら多いようです。

「強いチームの作り方」トレーニングは、単に集められた「人の集団」をどのようにして素早く「結果を出し続けられるチーム」に変えていくか、その方法を身につける実践的なトレーニングです。学術的研究にもとづく理論、実際にさまざまな現場で利用され機能している手法を実際に体験することで、トレーニングを通じて「単なる人の集団」から「機能するチーム」になるプロセスや落とし穴、個人の果たすべき役割や責任といった点を理解し身に付けることができます。身につけた知識はすぐに自分の環境で試せるようなものになっています。

本トレーニングのゴール

  • 人の集団を機能するチームにするための方法を理解する
  • チーム生成の過程で直面する課題と対策を理解する
  • 実際に機能するチームに変化する過程を体感する

対象者

  • 「チーム」の立ち上げや運営に問題意識をもっている経営者・管理職・リーダー・メンバーの方
  • 定員:一回につき最大30人程度 (最低施行人数10人)

費用・その他

  • 費用:1人あたり30,000円 (トレーニング新規開講による特別価格です)
  • 所要時間:7時間
本トレーニングの実施についてはお気軽にご相談ください。

参考資料(概要)

講師

原田 騎郎 (株式会社アトラクタ代表取締役社長)


アジャイルコーチ / ドメインモデラー / SCMコンサルタント。 長年製造業やIT産業においてプロセス改善・組織改善のコンサルティングを提供。訳書にスクラム現場ガイド(マイナビ出版)、Software in 30 days(KADOKAWA)など。

 

吉羽 龍太郎 (Ryuzee.com)


Ryuzee.com代表。野村総合研究所、Amazon Web Services(AWS)を経て独立。IT産業におけるプロセス改革・組織改革・生産性向上・インフラ改革のコンサルティングを提供。著書にSCRUM BOOT CAMP THE BOOK(翔泳社)、Chef実践入門(技術評論社)、CakePHPで学ぶ継続的インテグレーション(インプレス)、訳書にSoftware in 30 days(KADOKAWA)など