Pukiwikiをインストール

 2009/05/03

ソフト名

Pukiwiki

概要

オープンソースのwikiソフトウェア。国内だとデファクトスタンダードかな。wikipediaなんかはMediaWikiだけど。 これも会社で情報共有のために使っていた。 スキンやプラグイン等で機能拡張やデザイン変更が容易。

入手先と最新バージョン

http://pukiwiki.sourceforge.jp/ 最新の安定版は1.4.7

必要な環境・前提条件等

ほとんどどんな環境でも動作する。こちらを参照。 なお、当然ながらwikiのデータへの書き込みができる権限は必要。

導入手順

0013

0023

pukiwiki-1.4.7_notb.zipをクリックしてモジュールをダウンロードする。

ダウンロード後、解凍して、C:\inetpub\wwwroot\013_pukiwikiに配置する。

これでアクセスしてみると、早速表示される!

0033

リバースプロクシを使っているので、URLの設定をする。 pukiwiki.ini.phpの116行目付近

// Specify PukiWiki URL (default: auto)
//$script = 'http://example.com/pukiwiki/';

を以下の通りに変更。

// Specify PukiWiki URL (default: auto)
$script = 'http://maniax.ryuzee.com/013_pukiwiki/';

またあわせてサイト管理者のWebサイトのURLも変更しておく。126行目付近

// Site admin's Web page (CHANGE THIS)
$modifierlink = 'http://pukiwiki.example.com/';

を以下の通りに変更。

// Site admin's Web page (CHANGE THIS)
$modifierlink = 'http://www.ryuzee.com/';

またデフォルトだとページの凍結を解除できないので、編集用のパスワードの設定もしておく。 189行目からは以下のようになっている。

/////////////////////////////////////////////////
// Admin password for this Wikisite

// Default: always fail
$adminpass = '{x-php-md5}!';

// Sample:
//$adminpass = 'pass'; // Cleartext
//$adminpass = '{x-php-md5}1a1dc91c907325c69271ddf0c944bc72'; // PHP md5()  'pass'
//$adminpass = '{CRYPT}$1$AR.Gk94x$uCe8fUUGMfxAPH83psCZG/';   // LDAP CRYPT 'pass'
//$adminpass = '{MD5}Gh3JHJBzJcaScd3wyUS8cg==';               // LDAP MD5   'pass'
//$adminpass = '{SMD5}o7lTdtHFJDqxFOVX09C8QnlmYmZnd2Qx';      // LDAP SMD5  'pass'

これを

/////////////////////////////////////////////////
// Admin password for this Wikisite

// Default: always fail
//$adminpass = '{x-php-md5}!';

// Sample:
$adminpass = 'hogehoge'; // Cleartext
//$adminpass = '{x-php-md5}1a1dc91c907325c69271ddf0c944bc72'; // PHP md5()  'pass'
//$adminpass = '{CRYPT}$1$AR.Gk94x$uCe8fUUGMfxAPH83psCZG/';   // LDAP CRYPT 'pass'
//$adminpass = '{MD5}Gh3JHJBzJcaScd3wyUS8cg==';               // LDAP MD5   'pass'
//$adminpass = '{SMD5}o7lTdtHFJDqxFOVX09C8QnlmYmZnd2Qx';      // LDAP SMD5  'pass'

のように変える。勿論md5で暗号化した方が強度は強いが、今回はクリアテキストでよかろう。

以上で、ページの保護を解除できるので、トップページを編集した。

0043

なお、動作の確認ができたので、編集を無効にした。これでメニューから編集というリンクが出なくなります。 pukiwiki.ini.phpの23行目から

// PKWK_READONLY - Prohibits editing and maintain via WWW
//   NOTE: Counter-related functions will work now (counter, attach count, etc)
if (! defined('PKWK_READONLY'))
    define('PKWK_READONLY', 0); // 0 or 1

の値を1に変更した。

動作イメージ

http://maniax.ryuzee.com/013_pukiwiki/

 2009/05/03

著作

寄稿

Latest post: