phpMyAdminをインストール

 2009/05/03

ソフト名

phpMyAdmin

概要

MySQLのデータベースをWebのUIからいじくるツール。データの追加・更新・削除、テーブルの追加、削除、データベースの作成、削除、設定変更、データのダンプ等コマンドラインで出来ることはたいてい出来る。 仕事でも良く使うが、セキュリティの設定が甘かったり、うっかり誰でもアクセスできるような場所に配置してしまうと事故の元になるので注意が必要だ。

入手先と最新バージョン

http://www.phpmyadmin.net/home_page/index.php 3.1.4

必要な環境・前提条件等

  • SessionとSPLが有効なPHP5.2.0以上のバージョン
  • zipファイルのアップロードをする場合はPHPのzip拡張が必要
  • マルチバイト文字列を利用する場合はマルチバイト文字列拡張が必要(mbstring)
  • 画像フィールドを表示するためにGD2拡張が必要
  • MySQL5.0以上

導入手順

http://www.phpmyadmin.net/home_page/index.phpにアクセスする。

0016

右上の緑のリンクの.zipをクリックし、phpMyAdmin-3.1.4-all-languages.zipをダウンロードする。

0026

ファイルを解凍し、C:\inetpub\wwwroot\058_phpmyadminとして配置する。

ブラウザでとりあえずアクセス。ちゃんとログイン画面が表示される。

0036

お決まりのリバースプロクシ対応を行うために、config.sample.inc.phpをconfig.inc.phpにコピーする。 そして、config.inc.phpの末尾に以下を追加する。

$cfg['PmaAbsoluteUri'] = 'http://maniax.ryuzee.com/058_phpmyadmin/';

これで再度ページをリロードし、ログインボックスにmysqlのDBのアカウントとパスワードでログインしてみよう。 ログインできるはずだ。

0046

以下はmodxのデータベースを表示しているところ。

0055

動作イメージ

http://maniax.ryuzee.com/058_phpmyadmin/

 2009/05/03

著作

寄稿

Latest post: