phpScheduleItをインストール

 2009/05/04

ソフト名

phpScheduleIt

概要

Webでの施設予約に特化したツール。中小規模の施設の管理ならこれで十分。 以前のバージョンは日本語化されていなかったが、最近のバージョンは日本語化されているようです。

拙作で日本語用リソースファイルもある。

入手先と最新バージョン

http://php.brickhost.com/ 1.2.11

必要な環境・前提条件等

  • PHP4.3.0以上
  • PHP4.3.0以上に含まれるPEARコマンド
  • データベースはPEAR::DBがサポートしているDBなら何でも大丈夫なはず(※)だが、MySQLを推奨

導入手順

まずPEARコマンドをインストールしておく。go-pear.batを叩いて指示に従う。完了したらphp.iniのinclude_pathにPEARのパスを追加する。

psi001

psi002

psi003

psi004

ダウンロードしたphpScheduleIt1.2.11.zipをC:\inetpub\wwwroot\r01phpscheduleitに解凍する。

データベース作成。今回はMySQLだ。

create database r01_phpscheduleit;

インストールディレクトリの中のconfig/config.new.phpをコピーして、config.phpを作成して、中身を編集する。 ここでデータベースの設定や公開URL等を行う。 そして http://<サーバ名>/r01_phpscheduleit/install/にアクセスする。

psi005

psi006

psi007

エラーが出ているが、これは先にDBを作ってしまったからで無視してよい。

ログイン画面

psi008

管理画面トップ

psi009

動作イメージ

http://maniax.ryuzee.com/r01_phpscheduleit/index.php

その他

Pear::DBを使っており、SQLServerでも動作するかもしれない、と公式ドキュメントに書いてあったが、実際に使ってみるとデータベースへの書き込みに失敗してしまうことがあり実用には耐えなさそうなので止めておいた。 またPear::DBを使って、SQLServerに接続する際は、サーバの指定の仕方に注意が必要っぽい。

関連記事

サイト内の公開記事

 2009/05/04

著作

寄稿

Latest post: