TikiWikiをインストール

 2009/05/08

ソフト名

TikiWiki

概要

名前にはwikiとついているがwiki以外にスケジュール、バグトラッカー、カレンダー、ギャラリー、フォーラム等がついた統合グループウェア。機能的にはかなり盛りだくさんでちょっと真面目に評価してみたいかも。

入手先と最新バージョン

http://info.tikiwiki.org/tiki-index.php 2.4

必要な環境・前提条件等

導入手順

http://info.tikiwiki.org/tiki-index.php

tw001

にアクセスし、右側のDOWNLOADをクリックする。

インストールの簡単な手順が表示される。1のDownload TikiWikiをクリック。

tw002

Sourceforgeが表示される。

tw003

tikiwiki-2.4.zipを選択すると自動でダウンロードが開始される。

ダウンロードしたtikiwiki-2.4.zipを解凍し、C:\inetpub\wwwroot\062_tikiwikiに配置する。

ブラウザでトップディレクトリにアクセスしてみる。

tw004

まだ設定ファイルが存在しないのでインストールモードに入る。tiki-install.phpをクリックする。

ここで一回データベースを作成する。今回はMySQL。

create database 062_tikiwiki

必要事項を記入する。

tw005

次へ進むとインストールするデータのタイプを聞かれる。簡単に利用できるように2番目を選択。

tw006

インストール完了

tw007

次にやることは、Login as the administrator and lock installer (Best)を選択する。 また初回ログインなので、tiki-admin.phpにアクセスして設定を行う。

と思ったらエラーが出る。

tw008

tikisetup.class.phpにバグがある。29行目

if (strpos($_SERVER['SERVER_SOFTWARE'],'IIS')==TRUE){
    if (array_key_exists('PATH_TRANSLATED', $_SERVER)) {
        $docroot = dirname($_SERVER['PATH_TRANSLATED']);
    } else {
        $docroot = getcwd();
    }
}
else{
    $docroot = getcwd();
}

ここで、IISなので、最初のifを通り、PATHTRANSLATED変数が存在するのは良いのだが、dirnameに問題があり、C:\inetpub\wwwroot\062tikiwikiをdirnameに与えると、C:\inetpubしか残らないため、各ディレクトリが見つからないという問題が起こる。 そこで今回は29行目付近をごっそり

$docroot = getcwd();

に変更した。以上で再度実行してみる。

パスワード変更

tw009

これでセットアップ完了画面が表示された。

tw010

日本語化してテンプレートを変えたところ。

tw011

動作イメージ

http://maniax.ryuzee.com/062_tikiwiki/tiki-index.php

 2009/05/08

著作

寄稿

Latest post: