Siteframeをインストール

 2009/05/10

ソフト名

Siteframe

概要

オープンソースCMS。会員登録したユーザーに対して一斉メール送信するような機能もあり、CMSとしての機能というよりはSNSっぽい要素もある。 触ると分かるが性能的にはかなり軽量で操作も分かりやすい。会社のイントラで使ってみると面白いかもしれない。

入手先と最新バージョン

http://siteframe.org/ 5.0.6

必要な環境・前提条件等

  • ApacheなどのWebサーバ
  • PHP5以上でmysqliが有効なこと。また画像サポートを利用する場合はGD
  • MySQL4.1以上
  • 詳細はこちらを参照

導入手順

詳細の手順は本家サイトも確認する。

http://siteframe.org/にアクセスする。

sf001<001>

ページ中央のDownloadsをクリックすると以下が表示される。

sf002

Siteframe 5.0.6をクリックすると以下が表示される。

sf003

siteframe-5.0.6-783.zipを選択するとダウンロードが開始される。 ダウンロードが完了したらC:\inetpub\wwwroot\018_siteframeに解凍して配置する。

DBを作っておく。今回はMySQL。

create database 018_siteframe;

siteframe.ini-distをコピーしてsiteframe.iniを作成し、編集する。

  • 10行目からのサイトの基本情報
  • 56行目からのDB関連
  • 92行目の言語設定はlang_default = jaに変更

を編集すればよい。

Smartyのインストールは通常コマンドプロンプトで以下のようにする。

pear channel-discover pearified.com
pear install pearified/Smarty

※但しインストール当日サーバがダウンしており、かつhttp://www.smarty.net/もダウンしていたため既存システムからコピーした。

トップページにアクセスすると、Setup画面が表示されるので必要事項を記入する。

sf004

記入したらContinue with Setupボタンをクリック

sf005

テーブルがない、というエラーが出るが無視してよい(実際は存在する) 以上でインストール完了。

管理画面にログインしてみたところ

sf006

動作イメージ

http://maniax.ryuzee.com/018_siteframe/

 2009/05/10

著作

寄稿

Latest post: