moodleをインストール

 2009/05/12

ソフト名

moodle

概要

オープンソースの学習支援ソフトウェア。日本でも教育機関で利用されているケースがある。

入手先と最新バージョン

http://moodle.org/ 1.9.4+

必要な環境・前提条件等

  • PHP4.3.0以降またはPHP5.1.0以上
  • mbstringおよびiconvおよびzlibおよびcurlの拡張を有効にすることを推奨
  • MySQL4.1.16以降、PostgreSQL、SQLServer(インストールに失敗したけど)

導入手順

データベースを作成する。MySQLだ。

create database 050_moodle;

http://moodle.org/にアクセスする。

md001

グローバルナビのDownloadsをクリックする。

md002

Standard Moodle packagesを選択する。

md003

画面中央右のMoodle 1.9.4+のzipダウンロードを選択するとダウンロードが開始される。 ダウンロード完了後、moodle-weekly-19.zipを解凍し、C:\inetpub\wwwroot\050_moodleに配置する。

ブラウザでトップディレクトリにアクセスするとインストーラー画面が表示される。言語は日本語を選択する。

md004

PHP関連のバージョンの確認が行われる。問題ないので次へ。

md005

ここでドキュメントルート外にIIS_IUSERが書き込みできるデータフォルダを作成する。今回はC:inetpublibmoodledataにする。 URLとデータディレクトリを作成して次へ進む。

md006

データベースの設定を行う。

md007

DBへの接続が完了し、サーバチェックを行う。そのまま次へ。

md008

言語パックのダウンロード画面が表示される。「日本語(ja)」言語パックをダウンロードする、のボタンをクリックする。

md009

言語パックがインストールされた。次に進む。

md010

正常にconfig.phpが生成された。

md011

GPLライセンスの確認画面が表示される。確認してYesボタンをクリックする。

md012

バージョン情報が表示される。

md013

データベースへのデータ投入等が行われる。全部で12画面あり、次々に進まないといけない。これが面倒な人は現在のリリース情報が表示されたページで、無人オペレーションのチェックボックスにチェックを入れること。

md014

管理者情報を設定する。

md026

サイト名とユーザー登録の設定を行う。

md027

やっとサイトが出来た!

md028

後片付けでinstall.phpは削除しておくこと。

SQLServer対応について

実験的な試みと書かれているように、インストーラーは途中で以下のようなエラーを出してこけてしまった。 データ登録のSQLが失敗しているようなので、そこを追いかければ解決するかも。

md_mssqlerror

動作イメージ

http://maniax.ryuzee.com/050_moodle/

 2009/05/12

著作

寄稿

Latest post: