PostNuke(Zikura)をインストール

 2009/05/13

ソフト名

PostNuke

概要

オープンソースCMS。アドオンモジュールでどんどん機能拡張できるのは他のCMSと同様。 現在公式リリースには日本語言語ファイルが含まれておらずこのままでは日本語は利用できない模様。(テンプレートもISO-8859-1だし) 個人的にはDrupalやGeeklogやJoomlaといったあたりが日本語対応もしっかりしていて良いと思うので、このソフトウェアを実戦投入することは無い。

入手先と最新バージョン

http://www.postnuke.com/ 0.764

必要な環境・前提条件等

  • PHP4.x以降
  • MySQL

導入手順

MySQLにデータベースを作成する。

create database 024_postnuke;

http://www.postnuke.com/にアクセスする。

pn001

右ナビゲーションの「Download」をクリックする。

pn002

ページの中のPostNuke-0.764.tar.gzを選択するとダウンロードが開始される。 ダウンロードが完了したらPostNuke-0.764.tar.gzを解凍し、htmlフォルダの中身をC:\inetpub\wwwroot\024_phpnukeに配置する。

/<インストール先ディレクトリ>/install.phpにブラウザでアクセスする。

pn003

残念ながら日本語は無いのでEnglishのまま次へ進むとライセンスが表示される。

pn004

ファイルのパーミッションチェックが行われる。全部緑であれば良い。

pn005

データベースの接続設定を行う。

pn006

DB関連の確認が表示される。今回は新規インストールなので、「New Installation」を選択する。

pn007

データベースを作成するかどうか尋ねている。今回は最初にDBを作ったので、チェックボックスにチェックを入れず「Start」をクリックする。

pn008

テーブルが作成された。

pn009

管理者の情報を設定する。

pn010

管理者が作成されるとともに、初期データがアップロードされた。これで作業完了なので「Finish」をクリックする。

pn011

クレジットが表示される。「Go to your PostNuke site」をクリック。

pn012

なお、最後に、install.phpとinstallでディレクトリを削除することを忘れないこと。またconfig.phpとconfig_old.phpを読み取り専用にする。

動作イメージ

http://maniax.ryuzee.com/024_postnuke/index.php

 2009/05/13

著作

寄稿

Latest post: