TraM0.2をリリースしました

 2009/08/03

全世界5億人のTracユーザーのみなさんこんにちは。ということでタイトルの通りなのですが、TraMのTrac0.11対応版であるTraM0.2を本日リリースしました。

ダウンロードはShibuya.Tracのレポジトリからどうぞ

以下にインストール手順や制限事項について記述しますので、導入の際は是非ご参照ください。また要望や不具合レポートは、このエントリにコメントを付けていただけると見落とさず対応できます。

概要

TraM(Trac Multi) は同一インスタンスを利用しているプロジェクトを俯瞰するツールです

必要なもの

  • TraM0.2はTrac0.11でのみ動作します。
    (Trac0.10用のTraMが必要な場合はhttp://trac.rectang.com/projects/tram/にアクセスしてください)
  • Apacheとmod_python
  • Clearsilver(>=0.10.4) 将来的にはGenshiに変えますがごめんなさい

インストール

  • (Linux) http://trac.edgewall.org/ticket/7823 を参照してt7823-genshi_modpython-r8333-011.diffのパッチを適用してください。
  • (Windows) Windowsへのインストールの章を参照
  • python setup.py install を実行
  • 個別プロジェクト側でallへのリンクを張るためにはコンポーネントを有効にします。

trac.iniを以下のように編集

[components]
tramplugin.* = enabled
  • allのプロジェクト側ではレポートのリンクを出さないよう設定します。

trac.iniを以下のように編集

[components]
trac.ticket.report.* = disabled
  • apacheのmodpythonの設定で“trac.web.modpythonfromtend"となっている箇所を"tram.modpython_fronetend"に変更
  • allという名前で新しいTracプロジェクトを作成
  • apacheの再起動

Clearsilverのインストール

以下の手順で実行すること。

wget http://www.clearsilver.net/downloads/clearsilver-0.10.5.tar.gz
tar xvfz clearsilver-0.10.5.tar.gz
cd clearsilver-0.10.5
./configure --with-python=/usr/bin/python --disable-ruby --disable-java --disable-perl --disable-csharp
make
make install

なお、正しくインストールされているかどうかは、以下の手順で確認してください。

python -c "import neo_cgi; print dir(neo_cgi)"

表示結果が以下ならインストール失敗しています。

Traceback (most recent call last):
  File "<string>", line 1, in ?
ImportError: No module named neo_cgi

Windows環境へのインストール

trac/webui/init_.py.を修正する必要があるみたい。 中身は以下の1行にすること。

from trac.web.api import *

その他

以下のチケットについては、本モジュールで解決しています。

TracHoleSearchとの連携のため以下のオプションを追加しています。

[tram]
old_style_index = true | false

trueに設定すると、/tracにアクセスした場合は簡素なプロジェクト一覧を表示します。 falseに設定するか、もしくはこの行を設定しない場合は、/trac/allと同じ画面が表示されます。

ライセンス

GPL

謝辞

原作者のAndrew "HandyAndE” Williams氏に感謝します。

Trac0.11対応に際して、以下の方の多大なるご協力を頂きました。ありがとうございます。 かぬさん、かおるんさん、syoさん、torinさん、他ご意見を頂いたみなさま

 2009/08/03

著作

寄稿

Latest post: