投稿

スクラムを現実に利用した場合に、リリース前にリリーススプリントと呼ばれる期間を設けることがあります。これをどう扱うのかを説明します。

Regional Scrum Gathering Tokyp 2018でスクラムの初期フェーズで実施するとよいことについて発表した資料を公開します

アジャイル開発やスクラムのトレーニングでよく聞かれる質問とその答えについてまとめました

アジャイル開発やスクラムのトレーニングでよく聞かれる質問とその答えについてまとめました

スプリントをずっと回していると、「いつもスプリントに追われている気がする」「一回立ち止まってゆっくり考えたい」「情報共有ができていない気がするので整理したい」「技術検証をもっとやりたい」「勉強時間をとりたい」といった話を聞くことがあります。それに対して、どのように対処していくべきか考えてみましょう。

2017年1月12日〜13日にかけて行われたRegional Scrum Gathering Tokyo 2017の登壇資料を公開します

プロダクトバックログはスクラムにおける生命線の1つです。プロダクトバックログが良くないとプロダクトの価値がでなかったり、そもそもスクラムチームとして安定したデリバリーを行えません。さまざまな問題を防ぐにはReadyなプロダクトバックログ項目だけをスプリントに投入する必要があります。この記事ではReadyとは何か、なぜそれが必要なのか紹介します

西村さんと永瀬さんと僕の3人で書いていた「SCRUM BOOT CAMP THE BOOK」が2月12日に発売になります。 本日見本紙を受け取って来ました。出版元の翔泳社さんによると明日、明後日くらいから先行発売で都内の […]