投稿

スクラムを現実に利用した場合に、リリース前にリリーススプリントと呼ばれる期間を設けることがあります。これをどう扱うのかを説明します。

スプリントをずっと回していると、「いつもスプリントに追われている気がする」「一回立ち止まってゆっくり考えたい」「情報共有ができていない気がするので整理したい」「技術検証をもっとやりたい」「勉強時間をとりたい」といった話を聞くことがあります。それに対して、どのように対処していくべきか考えてみましょう。

みなさんこんにちは。@ryuzeeです。 Peter Stevens氏が行ったオンライン調査(調査母数は85)をもとにしてチームのサイズとスプリント期間とプロダクトバックログ項目の数におけるスプリントの成功への関連につい […]

みなさんこんにちは。@ryuzeeです。 スプリントプランニングでは、スプリントの終了までに「どのプロダクトバックログ項目を完了させるか」を計画します。 このコミットとは何なのか?先日のCertified Scrum P […]

みなさんこんにちは。@ryuzeeです。 Scrum Allianceのメーリングリストで、9日間のスプリントにおけるタスクかんばんの動きをビデオで撮影したものが投稿されていましたが、これが秀逸なのでご紹介します。 タス […]