投稿

プロダクトバックログはスクラムにおける生命線の1つです。プロダクトバックログが良くないとプロダクトの価値がでなかったり、そもそもスクラムチームとして安定したデリバリーを行えません。さまざまな問題を防ぐにはReadyなプロダクトバックログ項目だけをスプリントに投入する必要があります。この記事ではReadyとは何か、なぜそれが必要なのか紹介します

プロダクトバックログや見積りについて質問をいただく機会が続いているので、頂いた内容と僕の回答を整理しておきます。

プロダクトバックログ項目からタスクにうまく分割できないので、あればそのコツが知りたいというリクエストを頂いたので解説したいと思います。

ストーリーポイントは見積りに使う単位のない数字ですが、誤解されることが多いようです。ここではストーリーポイントに関するよくある質問と回答を紹介します

みなさんこんにちは。@ryuzeeです。 プロダクトバックログの項目の優先順位を決めるにはいくつかの方法があります。 Backlog Prioritization Techniquesにて、いくつかのやり方が説明されてい […]

みなさんこんにちは。@ryuzeeです。 http://agile.dzone.com/articles/technical-stories-are-theyより抜粋翻訳してご紹介します。 なお、内容はYahooGrou […]