投稿

みなさんこんにちは。@ryuzeeです。 2020年1月8日〜10日の開催されているRegional Scrum Gathering Tokyo 2020の「アジャイルコーチ活用術」の資料を公開します。 (スライドはこち […]

スクラムには3つのロールがありますが、そのうちの1つであるプロダクトオーナーは誰がやると良いのか考えてみました

スクラムマスター用のロールプレイのお題をTwitterに書いたら、多くの方から「自分ならこうする」という案を頂いたので共有します

アジャイル開発やスクラムのトレーニングでよく聞かれる質問とその答えについてまとめました

スクラムはフレームワークです。これについて分かりやすく説明した記事がありましたので紹介します。

スクラムフレームワークは過去に何度か内容が改定されています。改定内容のうちよく議論になる5つの項目について紹介します。

スクラムにおいてプロダクトオーナーは非常に重要な役割を果たしますが、一方でうまくやるのが難しい役割でもあります。今回は、こういうのは避けようというアンチパターンを紹介します。

スクラムを現実に利用した場合に、リリース前にリリーススプリントと呼ばれる期間を設けることがあります。これをどう扱うのかを説明します。

Regional Scrum Gathering Tokyp 2018でスクラムの初期フェーズで実施するとよいことについて発表した資料を公開します