ピーク性のあるWebシステムをAWS上で運用している場合、Auto Scalingを使ってサーバの台数を増減させるのがベストプラクティスの1つです。こうすることで最大時にあわせたムダなキャパシティを確保する必要がなくなります。 一方で、Webシステムでは、他の外部システムと連携したり、APIを呼び出したりといったことも多くあり、さらに外部システム側ではアクセス元のIPアドレスを絞り込んでい...
全国100万人のデプロイ・プロビジョニング自動化マニアのみなさんこんにちは! AWSから新たにDeploy用のサービスAWS CodeDeployがリリースされたので早速試してみました。 これを使うと複数のサーバに同時にアプリケーションをリリースするのが簡単に出来ます。もうCapistranoとかでごちゃごちゃやる必要はない感じです!! 詳細を知りたい方は公式サイトのドキュメントを見てみる...
先週金曜日発売なので今更な告知でアレなのですが、現在発売中のWEB+DB PRESS Vol.83で、原田騎郎(@haradakiro)さんと一緒に、「強いチームの作り方」という話を書きましたので是非読んでくださいませ。 内容は以下のような感じです。 なんで強いチームが必要なのか?チームで働く理由は何なのか?強いチームの特徴とはどんなものなのか? 強いチームの構造とはどういうものな...
Chef Serverを使って大規模なインフラを自動運用している場合、当然のことながら各ノードできちんとChef Clientが動作して、指定したロールやクックブックが実行されていることを確認しなければいけません。 残念なことに、継続的インテグレーションでクックブックの品質を常時担保していたとしても、実際にそのクックブックをノードに適用する歳に正常終了するとは限りません。たとえばパッケージの...
最近めっきりブログ更新頻度が減っててすいませんすいません。 ということでタイトルの通りなのですが、このたび9月19日に「CakePHPで学ぶ継続的インテグレーション」(インプレス)が発売になりますのでお知らせいたします。 本の表紙はこんな感じになります。発売までまだ2週間くらいありますが、既にAmazonで予約を開始しています。 今回は、CakePHPのコミュニティで積極的に活動され...
全国100万人のSensuユーザーのみなさんこんにちは。 Sensuでは標準でSensu DashboardというWeb UIが付属しているのですが、これがあまりイケてないので他のものを使うのが定番です。 いままではRubyで書かれているSensu Adminを使う場合が多かったのですが、今日紹介するのはUchiwaというフロントエンドツールです。 Uchiwaの特徴 Node.js...
タイトルのまま。僕はレシピの作成をVimを使ってやっているのですが、毎回似たようなコードを手打ちしていくのは頭おかしくなりそうなので、スニペット化していました。なんか需要がありそうなので公開しておきます。 コードはGitHubのryuzee/neosnippetchefrecipe_snippetにおいてあります。 インストール方法 大前提としてVimのNeoSnippetプラグイ...
全国2000人のSensuファンのみなさん、こんにちは。 ということで、すでにご存知の方も多いような気もしますが、6月20日(金)にJAWSUG東京第22回勉強会で話してきたので、スライド晒しておきます。 ちなみにこのスライドには書いてないけど、覚えておくと得かもしれないこととして SensuではClient側からServer側にKeepaliveの通知を送り続け、一定時間この通知...
全国100万人のImmutable Infrastructure職人のみなさんこんにちは。 もう誰も彼もがDockerなので、あんまりブログに書こうという気にもならなかったのですが、知り合いからリクエストを貰ったので、5分くらいで分かるようにかいつまんで概略を説明します。 Dockerとは 詳しくは本家サイト見ればだいたい分かる。 仮想化技術 コンテナ単位でパッケージング VirtualBox...
全国1000万人もいない監視マニアのみなさんこんにちは。 Sensuを使ってメトリクスを取得し、Graphiteを使って可視化する、というのが定番のアプローチですが、Graphiteのグラフをいちいち自分で探して見るのも面倒だし、あんまりグラフのデザインもいけてないし、ということで、専用のダッシュボードを作るのが一般的です。 今回はKibanaをベースに作られたGrafanaというダッシ...
全国100000人のSensuユーザーのみなさんこんにちは。 SensuではHandlerという機能を使って、イベントデータを受け取った際に異なる処理を行うことができます。 例えば、エラーを検知した場合に、メールを送信したり、IRCに投稿したり、自動で電話をかけたりといったことをするために利用しますし、例えば受け取ったデータを変換して他の処理を行うのにも利用できます。 今回は、このHandler...
全国1000万人のInfrastructure as Code職人とImmutable Infrastructure芸人のみなさんこんばんは! ということでタイトルの通りなのですが、このたび5月22日に「Chef実践入門 コードによるインフラ構成の自動化」(技術評論社)が発売になりますのでお知らせいたします。 本の表紙はこんな感じになります(カバーの色やデザインは変更の可能性があります...
全国1億2000万人の監視ツール好きのみなさんこんにちは。 Graph ExplorerはGraphiteと連携して、Graphiteのデータを簡単に探してグラフ化してくれるツールです。GitHubで公開(https://github.com/vimeo/graph-explorer)されています。 Graphite標準だと、グラフ数が増えてくるとデータを探すのが著しく困難ですし、複数...
全国200人くらいのSensuユーザーのみなさんこんにちは。 Sensuを使うと自分で自由に監視したりメトリクスデータの取得が可能ですし、他のシステムと組み合わせて監視を一元化することも可能です。 例えばAWSであれば標準でCloudWatchによる監視が行われますが、SensuとCloudWatchを別々に眺めるのは面倒なので、これを一元化する方法を紹介します。 おおまかな流れ Sensu...
全国1億2000万人の監視マニアのみなさん、こんにちは。 Sensuは、非常にシンプルなアーキテクチャーで、さまざまなカスタムスクリプトを使っていろいろな監視を行ったり、メトリクスデータを取得することができます。メトリクスデータはさらにGraphiteなんかに送信してあげれば、どんどんグラフ化できます。このあたりの話が前提になっていますので、Sensuってなにそれ?な方は先に「Sensuを使...
タイトルが長い… 例えばAWS上でAuto Scalingを使っていたり、Disposableなインフラを構築していると、アプリケーションのデプロイ先のIPアドレスやFQDNはなかなか固定できません。 このような状況下でCapistranoを使ってデプロイする場合、毎回デプロイ先のホストの情報を取得して、自分で設定ファイルを書き換えるとかまじありえねー、な感じです。 ここでは簡単にデプロイ...
全国1億2000万人のImmutable Infrastructure好きの皆様こんばんは。 去年あたりに色々な場所で紹介されたりして知っている人が多いと思うのですが、簡単に自分用にダッシュボードを作れるDashingが結構使いやすいので改めて紹介しておきます。APIを用意しているミドルウェアやシステムであれば簡単にデータを引っ張ってきてゴニョゴニョできます。 Dashingとは http...
日本全国1000万人のVagrantユーザーのみなさんこんにちはこんにちは。最近全然ブログを書けていなくてすいません。何故なのかは察してください。 今日はVagrantの本についての発売のお知らせです。Vagrantの説明はもう不要ですよね?知らなかったら開発者としてはかなりマズイです、というくらい有名なツールだと思います。 実践 Vagrant 著者/訳者:
Sensuとは Sensuはhttp://sensuapp.org/で公開されているオープンソース(MITライセンス)のモニタリングフレームワークです。 特徴 以下のような特徴があります(公式サイトの記述を整理) シンプルで融通が効き拡張性があるモニタリングフレームワーク エージェント、メッセージバス、イベントプロセッサーの機能を提供 要件にあわせて他のツールとの組み合わせが可能
もう大晦日ですが、2013年をふりかえっておくことにします。 1月 Scrum Alliance Regional Gathering Tokyoの実行委員(スクラムマスター)として、大忙しだった気がします。 半年以上かけてイベントの企画や準備を進め、事故なく無事に開催できて何よりでした。 このイベントでは、アジャイルな人たちが好き勝手に暴言を吐くScrum The Next Generation...

次のページ

Page 1 of 29



著作

CakePHPで学ぶ継続的インテグレーション

著者/訳者:渡辺 一宏 吉羽 龍太郎 岸田 健一郎 穴澤 康裕

出版社:インプレス( 2014-09-19 )

定価:¥ 4,320


Chef実践入門 ~コードによるインフラ構築の自動化 (WEB+DB PRESS plus)

著者/訳者:吉羽 龍太郎 安藤 祐介 伊藤 直也 菅井 祐太朗 並河 祐貴

出版社:技術評論社( 2014-05-22 )

定価:¥ 2,992


SCRUM BOOT CAMP THE BOOK

著者/訳者:西村直人 永瀬美穂 吉羽龍太郎

出版社:翔泳社( 2013-02-13 )

定価:¥ 2,520


Software in 30 Days スクラムによるアジャイルな組織変革“成功"ガイド

著者/訳者:Ken Schwaber、Jeff Sutherland著、角征典、吉羽龍太郎、原田騎郎、川口恭伸訳

出版社:アスキー・メディアワークス( 2013-03-08 )

定価:¥ 1,680


How to Change the World 〜チェンジ・マネジメント3.0〜

著者/訳者:Jurgen Appelo, 前川哲次(翻訳), 川口恭伸(翻訳), 吉羽龍太郎(翻訳)

出版社:達人出版会

定価:500円

どうすれば自分たちの組織を変えられるだろう?それには、組織に変革を起こすチェンジ・マネジメントを学習することだ。アジャイルな組織でのマネージャーの役割を説いた『Management 3.0』の著者がコンパクトにまとめた変化のためのガイドブック


寄稿

実践 Vagrant

著者/訳者:Mitchell Hashimoto

出版社:オライリージャパン( 2014-02-21 )

定価:¥ 2,808


Ryuzeeについて
Certified Scrum Professional (CSP) / CSM / CSPO in Japan. Twitterアカウントは@ryuzee →サイトが役立ったのでお布施する!

タグ
diary delphi books 書評 trac agile php apache インストールマニアックス maniax iis mysql postgresql perl sqlserver ruby オープンソース wordpress agilo scrum cakephp ユニットテスト yyyayeyaey publication tram 組織 linux プロダクトバックログ リーン ストーリーポイント ベロシティ ストーリー テスト 事例 契約 オフショア 管理職 スクラムマスター プロダクトオーナー デイリースクラム ふりかえり 受託開発 見積もり コーチ リーダー yyyoyy zen xp アンチパターン 可視化 doneの定義 recommended レビュー kaltrua vmware 自動化 fixture hudson 継続的インテグレーション kanban スプリント スクラム道 リリースプランニング カバレージ subversion scrum-of-scrum netbeans 朝会 バーンダウンチャート 調査結果 コミット devlove チーム bdd selenium アジリティ スプリント0 フィードバック ユーザーストーリー tdd sprint task スプリントレビュー スプリント計画会議 scrum-boot-camp scrumbc alm 継続的デリバリー ci user-story migration vagrant product-owner 継続的デプロイ continuous-delivery continuous-deploy continuous-integration jenkins デプロイ どうでもよいこと 日記 centos vim test commitment movie コードレビュー devops リリース 登壇 スコープ 評価 プランニングポーカー 見積り done ready agile-buffet agile-japan 講演 azure team-foundation-server team-foundation-service tfs 導入 eclipse visual-studio microsoft 技術的負債 defects lean daily-scrum grooming scrum-boot-camp-premium git ubuntu homeserver 監視 chef aws sahara packer lxc serverspec sensu dashing capistrano graphite 寿司 grafana docker slack deploy AWS