ふりかえりの実施状況に関する調査結果 (Annual Agile Retrospective Report)

 2017/08/10
このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんこんにちは。@ryuzeeです。

アジャイル開発に関する調査レポートはVersion OneによるAnnual State of Agile Surveyなどをはじめとしていくつかあります。

今回retriumという会社が、Retrospective(ふりかえり)に特化した調査を行った資料を公開したので、簡単に紹介します。 なお、レポートはこちらから無料でダウンロードできます。

調査の概要

回答者は277人で、そのうち44%は米国在住者です。 回答者の分布は33%がスクラムマスター、16%が内部コーチ、13%が外部コーチ、12%がリーダーやマネージャーとなっています。

調査結果の紹介

前述のとおり項目数が多いので、その中からいくつか特筆すべき項目について見ていくことにしましょう。 なお数字はレポートからの引用、文章はその数字に対する私のコメントです。

Retrospectiveで難しい点はなにか

なかなか厳しい結果が並んでいますが、多くはファシリテーターがあんまり上手でないことに起因していそうです。 心理的安全性は効果的なRetrospectiveを行うために非常に重要です。アジャイルレトロスペクティブズの書籍でも最初に場の設定をする重要性が説明されています。

状況割合
議論した内容をチーム単体で解決するのが困難48%
安心して話せないことがある44%
チームが分散している36%
いつも特定の人ばかりがしゃべる32%
ネガティブなことばかりにフォーカスする27%
トピックの選択が良くなかったりアクションに合意しない25%
チームがやりたがらない23%
組織やマネージャーがRetrospectiveの価値を分かってくれない20%

どのくらいの時間をかけているか

どのくらいの時間を使うのかはスプリントの長さに依存します。 一方で、Retrospectiveには仕事を強制的に止めるという意味もあるので、あまりに短すぎるのは考えものです。 また、逆に半日かけても同時にたくさんのアクションアイテムをこなすことは難しいので、ムダになってしまう可能性があります。

状況割合
30分〜1時間55%
〜2時間31%
30分未満13%
半日1%

どんなやり方で通常おこなっているか

上位2つは、いずれもスプリント中のアクティビティに注目するものになっていて、思ったよりも他のやり方をしているところが少ない印象です。

状況割合
うまくいったこと/いかなかったこと46%
KPT19%
感情分析10%
Lean Coffee5%
特にテクニックは使っていない3%
タイムライン2%
感謝の表明1%

違うやり方をする頻度は?

いつも同じやり方でやるとマンネリ化しやすいですが、多くは違うやり方を取り入れているようです。

状況割合
不定期28%
毎回22%
違う観点が必要なとき21%
いつも同じやり方をしている17%
交互10%

どれくらいのアクションアイテムを出すか

思った以上にアクションアイテムの数を絞り込んでいるところが多いという印象です。 実際のところ、たくさんのアクションアイテムを出すことが偉いわけではなく、決めたアクションを終わらせることが重要です。 多くのアクションを出しているところほど、具体的でないアクションとなっていて、やったかやってないかがハッキリしない傾向にあると感じます。

状況割合
1〜5個78%
6〜10個16%
11〜153%
何も出さない3%

どんな道具を使っているか

全員同席であれば、やはり物理的な付箋やホワイトボードが効率的で、それを示しています。

状況割合
付箋紙58%
ホワイトボード55%
Confluence20%
オンラインボード13%
Google Docs11%
Google Spreadsheet6%

アクションアイテムのトラッキング方法

アクションアイテムがなし崩しにならないようにトラッキングするのが重要なのは言うまでもありません。 アジャイル用のツールに入れる、というのはプロダクトバックログ項目化するということでしょう。すべてのアクションアイテムをプロダクトバックログ項目にできるとは限らないのでそこは工夫が必要に見えます。 物理のタスクボードは、常に全員が見えるので、やったかやってないかがハッキリし、確実に終わらせようとする力が働きやすくなります。

状況割合
Agile用のツール36%
物理のタスクボード31%
ドキュメント28%
スプレッドシート14%

以上、ご参考まで。

 2017/08/10
このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト内検索


著作

寄稿

Latest post: