発売のお知らせ:カンバン仕事術――チームではじめる見える化と改善

 2016/03/18
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。@ryuzeeです。

既にご存知の方も多いと思いますが、来週3月26日に「カンバン仕事術――チームではじめる見える化と改善」(Marcus Hammarberg、Joakim Sunden著、原田 騎郎、安井 力、吉羽 龍太郎、角 征典、高木 正弘 訳)が発売になりますのでお知らせです。

本書の特徴は以下のとおりです。

  • 364ページと少々厚めの本ではありますが、第1章は物語形式でカンバンに登場する要素の多くを例を交えて説明しているのでカンバンを知らない人にもとっつきやすい
  • はじめて取り組む人のための学習用のリソース(コンセプトを体験するゲーム)から、実際にカンバンを運用した際の話まで含まれており、どこからでも読めるようになっている
  • 原著者の1人Joakimは、海外で有名な音楽サービスのSpotifyでアジャイルコーチをしており、実際の現場での知見に基づく内容になっている(ちなみにSpotifyには「塹壕よりスクラムとXP」「リーン開発の現場 カンバンによる大規模プロジェクトの運営」の作者であるHenrik Kniberg氏もコーチとして関わっており、多くの場所でSpotifyの事例が聞かれるようになってきている)
  • 別に開発チームにしか適用できないわけではまったくなく、どの仕事にも適用可能

なお、いまスクラムを使っているのでカンバンができない!ということはありません(併用できる)し、カンバンは現在の自分たちのやり方を起点としてスタートするので、「いきなりアジャイルなやり方に変えなきゃいけないので無理」、ということもありません。 自分たちのやり方を見える化してもっと良くしていくためのやり方だと理解するといいと思います(見えないものは改善できない!!)。

目次

第I部 カンバンの学習

  • 1章 チーム「カンバネロス」のはじまり
    • 1.1 イントロダクション
    • 1.2 ボード
    • 1.3 ワークフローのマッピング
    • 1.4 作業項目
    • 1.5 コイン渡し
    • 1.6 仕掛り作業
    • 1.7 特急項目
    • 1.8 メトリクス
    • 1.9 見送り
    • 1.10 まとめ

第II部 カンバンの理解

  • 2章 カンバンの原則

    • 2.1 カンバンの原則
    • 2.2 すぐに始める
    • 2.3 まとめ
  • 3章 作業の見える化

    • 3.1 ポリシーの明示
    • 3.2 カンバンボード
    • 3.3 キュー
    • 3.4 まとめ
  • 4章 作業項目

    • 4.1 カードの設計原則
    • 4.2 作業項目カード
    • 4.3 作業の種類
    • 4.4 進捗インジケーター
    • 4.5 作業項目のサイズ
    • 4.6 ワークフローデータの収集
    • 4.7 自分の作業項目カードを作る
    • 4.8 まとめ
  • 5章 仕掛り作業

    • 5.1 仕掛り作業(WIP)を理解する
    • 5.2 WIPが多すぎるときの影響
    • 5.3 まとめ
  • 6章 WIP制限

    • 6.1 WIP制限の見つけ方
    • 6.2 WIP制限を決定する原則
    • 6.3 ボード全体とチーム全体のアプローチ
    • 6.4 列ごとのWIP制限
    • 6.5 人に対してWIP制限をかける
    • 6.6 よくある質問
    • 6.7 エクササイズ:WIP制限だ、徹底的にWIP制限だ
    • 6.8 まとめ
  • 7章 流れの管理

    • 7.1 なぜ流れなのか?
    • 7.2 作業の流れを促す
    • 7.3 デイリースタンドアップ
    • 7.4 次に何をすべきか?
    • 7.5 ボトルネックの管理
    • 7.6 まとめ

第III部 カンバンの応用

  • 8章 サービスクラス

    • 8.1 緊急の場合
    • 8.2 サービスクラスとは何か?
    • 8.3 サービスクラスの管理
    • 8.4 エクササイズ:分類しよう!
    • 8.5 まとめ
  • 9章 計画づくりと見積り

    • 9.1 計画づくりのスケジュール:いつ計画を立てるべきか?
    • 9.2 作業の見積り:相対的に伝える
    • 9.3 見積りのテクニック
    • 9.4 ケイデンス
    • 9.5 カンバン流の計画づくり:苦労は小さく、利益は大きく
    • 9.6 まとめ
  • 10章 プロセスの改善

    • 10.1 ふりかえり
    • 10.2 根本原因分析 10.3 カンバンのカタ
    • 10.4 まとめ
  • 11章 改善のガイドとなるメトリクスの使用

    • 11.1 よく使うメトリクス
    • 11.2 強力な2つの見える化
    • 11.3 改善ガイドとしてのメトリクス
    • 11.4 エクササイズ:計測会議
    • 11.5 まとめ
  • 12章 カンバンの落とし穴

    • 12.1 仕事ばかりで遊ばない ジャックは今に気が狂う
    • 12.2 タイムボックスは役に立つ
    • 12.3 時には変革が必要
    • 12.4 怠け者の言い訳にするな
    • 12.5 まとめ
  • 13章 ゲームで教えるカンバン

    • 13.1 コイン渡し
    • 13.2 ナンバーマルチタスクゲーム
    • 13.3 ドットゲーム
    • 13.4 ボトルネックゲーム
    • 13.5 getKanban
    • 13.6 カンバンピザゲーム
    • 13.7 まとめ
  • 付録A 推奨図書とその他のリソース

  • 付録B カンバンのツール

 2016/03/18
このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト内検索


著作

寄稿

Latest post: