ブログ

ryuzeeによるブログ記事。不定期更新

【資料公開】アジャイルについてマネージャーが知るべき97のこと

みなさんこんにちは。@ryuzeeです。
昨年12月に新刊『チームトポロジー』が発売になったのでぜひよろしくお願いします。

アジャイルコーチや技術顧問の仕事は多岐にわたりますが、その1つに社内での講演やセミナーがあります。 今回、技術顧問先のイベントで登壇しましたので、その際の資料を公開します。 アジャイルとは直接関係ないものも多々含まれていますが、ネタということでご了承ください。


アジャイル全般

  • QCDSを同時にすべて固定することはできない
  • 要件の決まったものを早く・安く作る方法ではない
  • 開発だけをアジャイルにしても意味がない
  • アジャイルで請負契約は無理だと心得よう
  • すべてがアジャイルに適しているわけではない
  • 大規模アジャイルは小さなアジャイルの成功後
  • アジャイル導入を支援しよう
  • アジャイル推進での組織的な課題に取り組もう
  • 無駄な社内プロセスを廃止するよう働きかけよう
  • 効率ではなく成果に着目した組織設計をしよう
  • チームの成果や結果に対する責任を取ろう

ディスカバリー

  • すべてのプロダクトが成功するわけではない
  • 最初のアイデアは仮説にすぎない
  • アイデアはたくさん出してたくさん捨てろ
  • 自分やのアイデアが役に立たないこともある
  • 事業計画はその通りになるはずがないと心得よう
  • 事前の検討をたくさんしても不確実性は減らない
  • 事前の検討に時間をかけすぎてはいけない
  • 予算は素早く割り当てよう
  • 予算はプロダクト価値を検証して追加していこう
  • 課題と顧客の発見をアウトソースしてはいけない
  • 自分が欲しくないものは人も欲しくない
  • でも自分は想定顧客ではないかもしれない

プロダクト

  • 初回のリリースはゴールではなくスタート
  • プロダクトの成功を計測する指標を定めよう
  • 機能を沢山作っても顧客の満足度は上がらない
  • 作った機能は効果測定しよう
  • 使われない機能は削除しよう
  • プロダクトが使われているところを観察しよう
  • 見込みがないプロダクトは撤退しよう

  • 機能しているチームを壊さない
  • チームを変えるときはゆっくりと
  • 相談なくチームから人を外してはいけない
  • チームに相談なく人を追加してはいけない
  • チームに悪影響を与えている人に対処しよう
  • プロパーを手厚く配置しよう
  • 良い人を採用しよう
  • パートナーとは長くつきあおう
  • 複数プロジェクトの兼任は避けよう
  • 人の稼働率を追求してはいけない
  • 専門性だけでチームを分けてはいけない
  • チームに不満があるなら、それは自分のせい
  • プレッシャーをかけても速度はあがらない
  • 教育に時間とお金を使おう
  • チームが働いている様子を観察しよう
  • チームの成功をほめたたえよう
  • チームを外からの圧力から守ろう
  • チームが透明性を保てるように支援しよう
  • 無礼なふるまいを許さないようにしよう
  • チームの役に立つ他の組織の人を紹介しよう
  • チームが必要だと表明した人を連れてこよう
  • 全員がアジャイルな働き方を好むわけではない
  • チームが集中して働ける場所を作ろう
  • チームメンバーのキャリア開発を支援しよう
  • チームのメンバーと1on1をしよう
  • 良い点と改善点を定期的にフィードバックしよう
  • 資格取得だけを目標にしてはいけない
  • 人事評価の方法を説明しよう
  • 定量的な指標だけで評価をしてはいけない
  • チームの成果、定量評価、定性評価の組み合わせ

プロセス

  • 過度な標準化は害を及ぼす
  • プロセスの詳細はチームに決めてもらおう
  • チームにやり方を指示してはいけない
  • 何かを要求する時は納得のいく理由を説明しよう
  • メンバーに個別に作業を依頼しないようにしよう
  • チームに権限や判断を移譲しよう
  • なんでも文書化させてはいけない
  • 詳細すぎる報告を求めてはいけない
  • 生産性のみに注目しない
  • スプリントレビューに参加して、実物を見よう
  • 小さな失敗を許容しよう
  • 実験を推奨しよう
  • チームで解決できない問題の解決を助けよう
  • チームに見積もりをしてもらおう
  • チームの見積りに口を出してはいけない
  • プロダクトすべてで統一の品質を求めない
  • 不具合でもすべて直す必要があるとは限らない
  • チェックシートは最低限に
  • ミーティングはチームの都合を優先しよう

技術

  • 技術やアーキテクチャーの指示をしない
  • 高スペックのPCなどの道具をチームに与えよう
  • チームが必要とする有償ツールを買おう
  • CI/CD、バージョン管理などの基盤に投資しよう
  • クラウドを活用しよう
  • チームが学習の時間を持てるようにしよう
  • チームの学習のためのお金を確保しよう

マネージャー自身

  • アジャイルでもマネージャーは不要にはならない
  • 自分の発言がどの立場かを明らかにしよう
  • 自分の過去のやり方がベストではないと心得よう
  • 邪魔をしないようにしよう
  • 意見と事実を分離して考えよう
  • マネジメントするのは人よりも環境
  • チームのために時間を空けておこう
  • 自分の学習の時間も確保しよう
  • 自分が学習している姿をチームに見せよう
  • 率先垂範して休暇を取ろう
  • いつも機嫌よくしておこう

それでは。