Agileコーチング

Agile開発については多くの誤解があり、また経験の無いチームが自力で行うのは難易度が高いものです。当方ではオンサイトでAgile開発での企画〜開発まで全工程を支援します。例えばプロジェクト立ち上げに際しての集合研修、ふりかえりや計画ミーティングのファシリテーションなど。

DevOps実践支援

DevOpsには組織とツールの2つの要素があります。サイロ型の組織構造のDevOps型組織への転換(組織デザイン、採用プロセス、評価プロセス)、ツールによるデプロイ・プロビジョニング・運用・監視の自動化など幅広い側面で支援します。チームづくりのトレーニングも提供しています。

Cloud Architecting支援

ビジネスの成長やシステムの利用状況に柔軟に対応できるのがクラウドの特性ですが、一方でシステムアーキテクチャがレガシーであればそのメリットを享受できません。本支援ではマイクロサービス化を始めとして、柔軟で結合度の低いクラウドネイティブアーキテクチャの構築を支援します。

技術顧問・執筆・講演

技術顧問として定期的に訪問したり、Agile・DevOps・クラウドに関する講演をいたします。またWeb・書籍・雑誌など各媒体向けの執筆・翻訳を行ないます。

エンドースメント

  • 玉川様

    独立された吉羽さんの新コンサルティングサービス。腕の確かさは、一緒に仕事をしてきた私がエンドースさせて頂きます!アジャイル、クラウド、DevOpsと(たぶんSORACOMも)、スポットから柔軟に活用できるコンサルティングサービスなので是非ご活用ください。

    玉川憲 様 株式会社ソラコム 代表取締役社長
  • 牛尾様

    吉羽さんは、アジャイル開発の深い知見、DevOpsの関連技術力そしてチームを支援するコーチング能力をもった日本有数の DevOps コーチです。DevOps を日本に広める仲間として自信をもって吉羽さんを推薦いたします。

    牛尾剛 様 マイクロソフトコーポレーション

主にアジャイル開発やDevOpsに関する記事を不定期で書いています。



【資料公開】プロダクトバックログ Deep Dive

【資料公開】プロダクトバックログ Deep Dive

みなさんこんにちは。@ryuzeeです。 昨年12月に新刊『チームトポロジー』が発売になったのでぜひよろしくお願いします。 今年もスクラム実践者の祭典であるRegional Scrum Gathering Tokyoが、2022年1月5日〜7日までの3日間開催されました。 このイベントで「プロダクトバックログ Deep

続きを読む
大規模アジャイルフレームワークの紹介

大規模アジャイルフレームワークの紹介

みなさんこんにちは。@ryuzeeです。 12月1日に新刊『チームトポロジー』が発売になったのでぜひよろしくお願いします。 スクラムの認定コースでも基礎的なコースでも、よく聞かれるのが大規模の場合の対応についてです。 そこで、今日は大規模の場合の選択肢になりそうな大規模アジャイルフレームワークを紹介します。 紹介します

続きを読む
新刊『チームトポロジー』発売のお知らせ

新刊『チームトポロジー』発売のお知らせ

みなさんこんにちは。@ryuzeeです。 言いたいことはタイトルに書いたとおりなのですが、2021年12月1日に、新刊『チームトポロジー 価値あるソフトウェアをすばやく届ける適応型組織設計』が発売になります。 チームトポロジー 価値あるソフトウェアをすばやく届ける適応型組織設計 著者/訳者:マシュー・スケルトン、

続きを読む
スクラムチーム用セルフチェックリスト

スクラムチーム用セルフチェックリスト

みなさんこんにちは。@ryuzeeです。 スクラムに限らず開発プロセスそのものは目的を達成するための手段に過ぎないので、定義されたプロセスやプラクティスを単に守れば良いというわけではありません。 根底にある価値観や原則を理解することが重要です。 とはいえ、自分たちのプロセスが定義されたもの、一般的なものとどれだけ違うか

続きを読む
1つのプロダクトバックログアイテムが大きくて1スプリントでは作れません。複数スプリントにまたいで開発してよいですか

1つのプロダクトバックログアイテムが大きくて1スプリントでは作れません。複数スプリントにまたいで開発してよいですか

1つの機能が大きい場合、その機能には多くのサブ機能が含まれていることが多々あります。 例えば、「ホテルの予約をキャンセルできる」というプロダクトバックログアイテムは、 プレミアムメンバーであれば24時間前までキャンセルできる 一般メンバーであればN日前までキャンセルできる キャンセルした場合はメールで通知する とい

続きを読む
Google、Microsoft、Amazonなどでも、大規模システムはウォーターフォールで進めているのではないですか?

Google、Microsoft、Amazonなどでも、大規模システムはウォーターフォールで進めているのではないですか?

この3社とも、それぞれのプロジェクトでどのような手法を利用するかは、実際にそのプロジェクトを推進するチームに任されているようです。 例えばGoogleの場合は、この記事のコメント欄に以下のような記述があります。 Overall, Google generally fits the spirit of agile met

続きを読む
Tシャツサイズ見積りをどうベロシティに変換すればいいですか?

Tシャツサイズ見積りをどうベロシティに変換すればいいですか?

スクラムチームでそれぞれのTシャツサイズの大きさを数値化すれば良いでしょう。 一例をあげると、 S = 2、M = 5 、L = 8、XL = 13 のような感じです。

続きを読む
なぜスプリント期間は一定なんですか?

なぜスプリント期間は一定なんですか?

スクラムガイドでは、スプリント期間を一定に保つことについて直接は理由の明記はありませんが、以下のような理由です。 イベントの開催時間が明示的になるので、関係者間の予定調整が必要なくなる 同じリズムで仕事の進捗をふりかえることができるので、チームのパフォーマンスを計測したり、比較したりしやすい 同じリズムで仕事を進める

続きを読む
アジャイル開発での一般的な品質指標の考え方はありますか?

アジャイル開発での一般的な品質指標の考え方はありますか?

アジャイル開発における一般的な品質指標が存在するかと言われたら存在しません。 品質は開発手法によって決まるのではなく、対象となるプロダクトの要求指標によって決まってきます。 例えば、3か月程度しか使わないプロダクトと人命に関わるソフトウエアで要求される品質は違ってきます。 この場合、見るべき内容や範囲、テストの詳細さな

続きを読む
アジャイル開発において、ドキュメント作成の一般的な指針を教えてください

アジャイル開発において、ドキュメント作成の一般的な指針を教えてください

どのようなドキュメントがいつ、どの粒度で必要なのかはプロダクトやプロジェクトに依存します。 プロダクトやプロジェクトにはそれぞれ固有の品質基準があり、それはアジャイルやウォーターフォールといった方法論の違いによって変わるものでもありません。 したがってプロジェクト冒頭でプロダクトオーナーやステークホルダー(品質管理部門

続きを読む
アジャイル開発の経験者を採用したいのですが、面接でどんな質問をすればよいですか

アジャイル開発の経験者を採用したいのですが、面接でどんな質問をすればよいですか

これを聞けば絶対という唯一解はないのですが、一例としていくつか紹介します。 プロセス全体をホワイトボードに書いて説明してもらう 過去にどのようなふりかえりの方法をとったことがあるか、それぞれの手法のメリットはどのようなものかを聞いてみる どのような計画の立て方をしていたのか説明してもらう プロダクトバックログにどのよ

続きを読む
イベントを固定するということはイベント日には休暇が取れないように思うのですがどうしたら良いですか?

イベントを固定するということはイベント日には休暇が取れないように思うのですがどうしたら良いですか?

休暇が取れないことはないですが、なんとなく取りにくい気がしてしまうのはそのとおりだと思います。 特にプロダクトオーナーがスプリントプランニングやスプリントレビューの際に不在だとプロダクトの舵取りが行われなくなってしまうので、できる限りイベント日はほかの予定を入れないようにするのが理想です。 とはいえ、休暇取得が必要なこ

続きを読む
スクラムではスプリントごとにリリースが必要ですか?

スクラムではスプリントごとにリリースが必要ですか?

スクラムではリリースについて言及がありません。 つまりスプリントごとにリリースしなければいけないという決まりもないですし、スプリントの途中でリリースしてはいけないという決まりもありません(スプリント中にリリースし、スプリントレビューでリリース済みのものをレビューしても構いません)。 いつリリースするかはプロダクトの種類

続きを読む
スクラムの開発者はクロスファンクショナルだと思いますが、そんな優秀な人たちならウォーターフォールでもうまくいくのではないですか

スクラムの開発者はクロスファンクショナルだと思いますが、そんな優秀な人たちならウォーターフォールでもうまくいくのではないですか

誤解のないようにいっておくと、個人としてインフラやアプリを始めとするさまざまな領域の設計や実装を全部できないといけないわけではありません。 開発チーム全体を見た時に必要なスキルを網羅していることがだいじです。 外部のチームへの受渡しや依存が増えれば増えるほどリードタイムは長くなり、計画作りも難しくなります。 また、いま

続きを読む
スクラムを部分的に取り入れてもよいですか?

スクラムを部分的に取り入れてもよいですか?

それを「スクラム」と呼ばない限りは好きにしてください。 たとえば、既存のプロセスにレトロスペクティブやデイリースクラムだけを導入することによって、既存のプロセスを改善できることも多いと思います。 ただしそれを「○○流スクラム」「ハイブリッドスクラム」等と称さないでください。 このような単語は多くの誤解を生みます。 スク

続きを読む
スクラムチームのマネジメントに有効な評価指標は何でしょうか。生産性指標はどうすればいいのでしょう?

スクラムチームのマネジメントに有効な評価指標は何でしょうか。生産性指標はどうすればいいのでしょう?

まずは、チームが作成しているプロダクトの売り上げ、利益、キャッシュフローの計測が基本です。言い換えれば生み出した価値を基準にします。これらは短期的に達成すれば良いわけではなく、継続的に達成していく必要があります。 その上で、これらの指標に結びつく、内部の指標に何があるのかを考えてみてください。 一般的なメトリクスを、成

続きを読む
スクラムチームを持つマネージャーの役割として、従来のマネジメントと大きく異なる点はありますか?

スクラムチームを持つマネージャーの役割として、従来のマネジメントと大きく異なる点はありますか?

実行責任や説明責任、結果責任については、従来どおりマネージャーが一端を担うはずです。 つまり実行そのものについてはスクラムチームに委ねたとしても、マネージャー自身はプロダクトオーナーやスクラムマスターと協働する必要はありますし(この場合マネージャーはステークホルダーになります)、マネージャーの責任が担保できないような場

続きを読む
スクラムチームメンバの評価はどのようにすべきでしょうか?よくある個人の目標管理制度とどう組み合わせるのでしょうか

スクラムチームメンバの評価はどのようにすべきでしょうか?よくある個人の目標管理制度とどう組み合わせるのでしょうか

評価の目的は何でしょうか?チームメンバーとして、チームの業績に貢献するための能力、やり方の改善のための評価でしょうか?それとも給与を決めるための評価でしょうか?それらは、全く違うものですので、まずはそこを分けて考えると良いと思います。 つまり仕事がうまくなるようにするためのフィードバックは頻繁に行う必要がありますし、期

続きを読む