ブログ

ryuzeeによるブログ記事。不定期更新

【資料公開】プロダクトマネジメントの”罠”を回避しよう

みなさんこんにちは。@ryuzeeです。

3月23日に新刊『スクラム実践者が知るべき97のこと』が発売になりました。 スクラムを作ったケン・シュエイバー氏、日本で認定スクラムマスター研修を何度も開催しているジェームズ・コプリエン氏を始めとした海外のスクラム界隈の著名人68人による97本のコラム集です。 日本語版の発売に際して、及部敬雄さん、小林恭平(kyon_mm)さん、高橋一貴さん、長沢智治さん、平鍋健児さん、安井力(やっとむ)さん、和田卓人さん、訳者3人のコラムもあわせて収録しています。 チームのみんなで議論したり、ふりかえりのネタにしたり、自分たちの環境でヒントになることを探したりと、さまざまな使い方ができると思いますので、ぜひお手にとってご覧ください。

なお、僕が所属する株式会社アトラクタでは、発売を記念して抽選で20名の方にプレゼントする企画を行っていますので、興味のある方はお申し込みください。締め切りは4月7日です。

さて今回の話は、2020年10月発売の『プロダクトマネジメント - ビルドトラップを避け顧客に価値を届ける』です。

2020年12月22日に翔泳社のメディア ProductZine主催のウェビナーで本書の内容をもとに、プロダクトマネジメントの「罠」を回避するための考え方について話をしてきました。 遅まきながら(公開したつもりで忘れてた)、その時の資料を公開しておきます。 ウェビナーのレポートについては、こちらのレポートを参照してください。


以下、資料だけ見てもわからない方向けの解説です。

ビルドトラップとは何か?

プロダクトの開発を行うときに気をつけなければいけないのは、アウトプット、アウトカム、インパクトの違いです。

  • アウトプットとは例えば、開発/リリースしたプロダクトの機能、こなしたタスク、書いたコードの量のようなものです。量で測定できるものとも言えます。
  • 一方でアウトカムは、プロダクトによる顧客が抱える問題の解決や行動の変容を指します。
  • またインパクトはアウトカムによって組織にもたらされた影響(経済的価値であることが多いですが、それに限らない)を指します。

プロダクト開発において重視するのは、これらのうちアウトカムやインパクトになります。それがビジネスの成功を示すものになるからです。 一方でアウトプットをプロダクト成功の指標にしてしまうと、行き詰まってビルドトラップに陥ります。 実際に生み出された価値ではなく、機能の開発とリリースに集中してしまっている状況がビルドトラップということになります。

ビルドトラップの兆候

ビルドトラップの兆候は日々の活動のなかで見て取れます。例としては以下のようなものがありますが、これに限りません。 簡単な見分け方としては、日々の活動のなかで「顧客の課題の解決」を会話の中心においているかどうかです。 そうではなく、納期や生産性、上司やステークホルダーについての会話の量が多いのであれば、ビルドトラップの兆候と考えて構いません。 ほかにも色々あると思うので、こういうのもあるよ!という方はぜひ@ryuzeeまでお知らせください。

ビルドトラップを防ぐには?

ビルドトラップを防ぐのはなかなか大変で、さまざまな取り組みが必要になります。 そのなかでも個人的に重要な取り組みだと思っているのが、プロジェクト思考からプロダクト思考への転換です。 新規プロダクトだろうがなんだろうが、すべて「プロジェクト」型で進めていて、そのときの関心事が、いわゆるQCDS(品質、コスト、納期、スコープ)の遵守になっている組織がとても多いのです。 経営やマネージャーがなんらかの評価をするときにも、プロジェクトの軸で評価しようとしてしまいます。 ですが、QCDSを満たしているからといって、アウトカムを作り出し、ビジネスのインパクトが上げられるとは限りません。 このあたりの思考の転換が何よりも重要だと思う次第です。

その上で、以下のような取り組みを行っていくのが良いと思います(詳細はスライドを参照してください)。

  • 適切なプロダクトマネージャーを配置する
  • 適切なチーム構成にする
  • 戦略を組織に行き渡らせる
  • ソリューションの前に問題を理解する
  • ソリューションを探索する
  • 適切な指標を定めて活用する
  • 組織をプロダクト主導にする

さらに詳細が知りたい方は、ぜひ『プロダクトマネジメント - ビルドトラップを避け顧客に価値を届ける』をご覧ください。 それでは。