ブログ

ryuzeeによるブログ記事。不定期更新

【翻訳】あなたのスクラムチームの成熟度は?

みなさんこんにちは。@ryuzeeです。 3月23日に『スクラム実践者が知るべき97のこと』が発売になりますのでよろしくお願いします。

さて、スクラムチームがどれくらいの成熟しているかは、とくにスクラムを始めてまだ長時間たっていない場合には気になるところだと思います。 そこで今回はスクラムチームの成熟度を自己評価して、改善に結びつけるための資料を共有します。 この資料はScrum.orgのトレーナーであるRon Eringa氏ブログで公開しているものです。

このモデルでは、スクラムマスター、プロダクトオーナー、開発チーム(スクラムガイド2020で開発者に改められています)のそれぞれで成熟度を明らかにします。 そして、全体でいちばん低い数字がスクラムチームとしての成熟度になるとされています。

使い方ですが、人事評価や他チームとの比較に使うのではなく、チームとしてどう成長していくべきか、どこを強化するとよいのかを考えるための道具として扱ってください。

以下に日本語訳したもの(画像とPDF)を置いておきますのでライセンス(Creative Commons Attribution-NonCommercial-ShareAlike 4.0 International-License)に沿った形でご利用ください。

PDF

それでは。