Blog

【新刊発売のお知らせ】業務システム クラウド移行の定石

 2018/07/11
このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんこんにちは。@ryuzeeです。

このたび、2018年7月12日に日経BP社より『業務システム クラウド移行の定石』という書籍が発売になりますのでお知らせします。


  • 出版社: 日経BP社 (2018/7/12)
  • 吉羽龍太郎(著)
  • 価格: 3,456円
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4822256448
  • ISBN-13: 978-4822256449
詳細を見る

本書は2017年に日経クラウドファーストで連載した同名記事に加筆修正をしたもので、これからクラウドに業務システムを移行しようと考えている企業がどのようにクラウド移行を進めていくかの流れを解説したものになります。

既にさまざまなシステムをクラウド上で動かしていたり、息を吸うようにCLIで仮想マシンを構築していたり、CloudFormationやARM Templateをリファレンスなしでサクサク書けたり、クラウドネイティブうぇーいな人向けの書籍ではありません。

技術的な詳細は良書がたくさんあるので、それにはあまり触れていません。 あくまで、どのようにクラウド移行計画を立てて、どう進めていくのか、という点にフォーカスしています。 分量は170ページほどでコンパクトにしたつもりですので、まずは全体の流れを掴みたい情報システム部門の方や、顧客にクラウド移行の提案をするベンダーSEの方に向いているかと思います。 なお、内容自体はAWSでもAzureでもどちらでも適用できるようになっています。

本書で伝えたかったことで特に大きいのは、業務システムのクラウド移行を過度な事前計画型のプロセスで進めないという点です。 クラウド自体の進化や変化が早く、業務システムのクラウド移行自体も初めての経験であれば、そもそも見積り精度も高くなりようがありません。 完璧な計画をたてようとしても絵に書いた餅ですし、その計画通りに進むこともありません。

目的を明確にして目標を定め、それらを短いタイムボックスの中で実現できるように、常時計画を見直しながら優先順位をつけて進めていく必要があります。 言い換えれば、アジャイルなやり方で業務システムのクラウド移行を進めていくとも言えます。

目次は以下のようになっていますので、ご興味のある方はぜひご覧ください。

それでは。

第1章 企画

  • 1.1 クラウドの特性の理解
  • 1.2 クラウドの試用
  • 1.3 移行目的の明確化
  • 1.4 現状把握と目標設定
  • 1.5 検討内容の評価
  • 1.6 体制構築と進め方の計画

第2章 戦略・分析

  • 2.1 システム情報の収集と整理
  • 2.2 インフラ情報の収集と整理
  • 2.3 クラウドで達成する要件の整理
  • 2.4 クラウドベンダーの評価と選定
  • 2.5 移行対象の整理
  • 2.6 移行コストの整理
  • 2.7 移行順序の決定

第3章 PoC(実証実験)

  • 3.1 PoCの目的の明確化
  • 3.2 PoCの内容や範囲の決定
  • 3.3 PoC結果のレビューと整理

第4章 設計・移行

  • 4.1 全体に影響のある箇所の設計
  • 4.2 サービスレベルに応じたアーキテクチャーの類型化
  • 4.3 移行

第5章 運用と改善

  • 5.1 定期的なデータ収集と分析
  • 5.2 運用管理の改善と最適化
  • 5.3 コスト最適化
  • 5.4 アーキテクチャーの最適化
  • 5.5 効果測定と移行計画の見直し

Appendix

  • A.1 移行プロジェクトの全タスク
  • A.2 移行プロジェクトのドキュメント
 2018/07/11
このエントリーをはてなブックマークに追加