FAQ

アジャイルやスクラムに関するよくある質問

Q. スプリントプランニングで「熟練チームはタスクを時間見積りしないこともある」そうですが、どのようにしてスプリント中に進捗を確認するのですか?

熟練度の高いスクラムチームでは、あらかじめプロダクトバックログのうち直近着手するものについては具体化、詳細化をすすめて(Readyにする)、しかも扱いやすいサイズまで分割が終わった状態にしています。 つまりスプリントに投入したプロダクトバックログアイテムが何個完了したかを追跡すれば、スプリントゴールの達成の可否は開発チームがおおよそ判断できるということになります。また、デイリースクラムの大きな目的はこのままいくとスプリントゴールが達成できるかどうかのチェックをすることですが、熟練度が高ければ見通しの判断も正確になっていきます。

一方で熟練度の低いチームの場合、なかなかそうはいかないこともありますので、スクラムマスターが開発チームに対してタスクの明確化や進捗追跡方法の検討を促すことも必要です。ただしスクラムマスターが言わないと開発チームがそういった活動をしないのであれば、開発チームに自律性が不足しているので、彼ら自身でできるように仕向けていく必要があります(なお、スクラムマスターは管理者ではないので、タスクのアサインや作業順序の指定などはしないでください)。また、もし開発チームがスプリントをうまく過ごせていないのであれば、レトロスペクティブを活用して、スクラムチーム全体でどうすべきか考えるように仕向けてください。